◆背景

IoT(Internet of Things)のコンセプトは、様々なセンサーデバイスや装置を

遠隔から監視したり、制御する仕組みがインターネット越しで実現することや、

集まったデータをクラウドなどで分析して顧客・取引先といった関係者へ提供する

サービスです。ここでユーザ認証が必要となるのは、遠隔管理・制御などを操作する

IoTの管理システムへアクセスする際のユーザ認証です。伝統的には、IDとパスワードを作って関係者に配布する方法がありますが、この方法ではパスワード漏えい問題など課題があります。

一方で指紋や虹彩を使う生体認証の方式やアクセスする毎にパスワードが変わるワンタイムパスワードの方式など認証強化のソリューションがあります。

上記の認証方式では認証をする際に外付けハードウェアが必要でしたり、導入や運用にかかるコストが高かったりと様々な課題があります。

この様な、導入難や運用難で新規ビジネスへのセキュリティ対策に手が回っていない企業様も多いのではないでしょうか。

◆概要・特長

・IoTシステムの認証が大幅に強化!

・運用・導入が簡単。

・導入後も面倒な操作不要。

・1IDで5端末まで利用可能。

・既存のシステムを変えることなく導入可。

・端末利用者に意識させないセキュリティ。

 

◆この様なお悩みのある企業様に最適!

・Webシステムへアクセスする際に認証強化をしたい。

・個人持ち端末利用(BYOD)を検討または実施中でアクセスする際の認証を強化したい。

・社外からのアクセスで端末を認証したい。

・今のセキュリティにかけているコストや管理工数を削減したい。

詳しくはこちら